凍結防止剤( 塩化ナトリウム )・ 融雪剤( 塩化カルシウム )の違いや効果、使用方法、注意点についてまとめました。

冬の間、寒くなるにつれて道路の路面温度も低下し、通常0度以下で 道路の凍結 が始まります。 道路の凍結が始まると、 になり、 一般に0度~氷点下3度(-3度)で道路の摩擦抵抗は極めて小さくなり、すべり易い状態となります。 道路がこのような状態のときは、タイヤと道路の摩擦が少なく車が氷の上を滑っているような状態で走行することになり、事故の危険性が増えることになります。 これを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを道路に撒いて、凍結を防止したり雪や氷を解かす必要があるわけです。

  ① 見事に雪が積もりました。 ② このままでは足を取られて滑ったり。危ないので雪かきします。 ③ 雪かきで苦戦する地面にこびりついた氷。融雪剤を撒いてしばらく放っておくと、 ④ みるみる氷が融けていきます。 ⑤ これでひと安心!!おつかれさまでした。  

●凍結防止剤( 塩化ナトリウム )・ 融雪剤( 塩化カルシウム )にどんな効果があるの? 普通、水分は0度で凍り氷や雪などの固体に変わりますが、水分以外の物質が混ざった水溶液になると0度より低い温度ならないと凍らなくなる性質があります。 その水が凍る温度のことを凝固点(ぎょうこてん)といい、水に溶けやすい塩を利用して氷や雪を水溶液に変えるわけです。 水に溶ける濃度に限界はありますが、濃度が高いほど凍りにくくなります。雪が降り続けば濃度はだんだんと薄くなっていきますが、ある程度の濃度の間は、0度では凍らない状態が続くので道路の凍結防止に役立つのです。 塩化ナトリウムは、水溶液濃度が23.3%で凝固点を-21度まで下げ、塩化カルシウムと比べて持続時間が長いため、主に凍結防止剤として用いられます。 塩化カルシウムは、水溶液濃度が32%で凝固点を-51度まで下げるので極寒地でも使用でき、塩化ナトリウムと比べて短い時間で多くの雪を溶かす即効性があるので、主に融雪剤として用いられます。 塩化カルシウムは水に溶けると発熱する効果もありますが、実際の道路上での凍結防止や融雪の効果は発熱反応を利用したものではなく、凝固点の低下と気温との間に発生する温度差を利用しているそうです。

最近の投稿