こんにちは、ドローン操縦士(ドローンカメラマン)の早川です。

昨今、キュレーションサイトのパクリ記事問題が沸騰していますね。

著作権侵害や不正引用など違法行為が横行してきましたが、ついに怒り爆発でメスが入ったのだと思います。

今までの対応と、情報発信者の気持ち

少し強い言い方ですが。

今までは 「パクリをするひと(同業者等)は、自分で何も生み出せない残念な人なんだなぁ。撮影っていうクリエイティブな仕事なのに」 と思っていました。

今回の「WELQ」を始めとした「まとめサイト」および、パクリブログ等は淘汰されるべきなんですよね。

理由は1つ。

何も生み出さない世界になるから です。

クリエイターが作っても作っても、横からパクられるだけならモチベーションが下がる一方。「作っても意味がない」と感じてしまいます。

パクリばかりの残念な人間だけになったら、新しい何かは生まれません。同じものをパクって、パクられて。さらにパクって、パクられて。そんなツマラナイ世界です。

また著作権侵害という面もあります。日本の法律で守られているので、制作者が指摘すれば完全OUTなわけです。

そう、もともと存在した著作権という原点に戻るべきだと。 社会的に、このタイミングは良かった のだと思うわけです。

You might also like