スマホケースの種類は大きく分けて、ソフトケースとハードケースの2種類あります。
購入にあたり重要になってくる、5つのポイントを徹底比較してみましょう。

ソフトケース…伸縮性のある素材なので、ボタンごと側面をすっぽりカバーできる


ハードケース…薄くて軽いので、装着してもほとんどサイズは変わらない

ソフトケース…手にフィットしグリップ感が強いが バッファロー ICカード対応MILスペック 耐衝撃ボディー防雨防塵ポータブルHDD 1TB レッド HDPZN10U3R
BMW / 5series 排気セット HAMANN 550i series エキゾーストキット F10/F11 5 リアマフラー4本出し Autostyle F10 らは出し入れしにくい


ハードケース…透明感があり、黄ばみにくいので、iPhoneそのもののデザインを生かせる

iPhone本体の色や背面のAppleマークを隠すことなく、シンプルさを極めたいユーザーから根強い人気を誇る。選ぶポイントは、軽さと素材感。


小さな穴部分に蓋をして保護することができるため、イヤホンやライトニングの穴に溜まる埃が気になる人にぴったり。衝撃を吸収するために四隅が少し分厚くなっているデザインで、触り心地は柔らかめ。ストラップホールもあり、落下防止のためのストラップも付属。
iPhone6の外観を損なわないことを最優先に考えたポリカーボネート製の背面用ジャケット。丸みを帯びた形状にもジャストフィットしているため、ジャケットを装着しても手になじみ違和感がありません。液晶画面には透明度の高いクリスタルフィルムが付属。

耐久性と薄さを追求した、たまごの殻のように薄くて軽い理想的な厚みの薄型ハードケースです。ケース表面には、ピアノの艶出しなどに使われる、丈夫で傷が付きにくいUVコーティングが施されています。ストラップホール付きで、様々な用途に使えるリングストラップスタンドも付属。


初めてのスマホを手に入れた時やいま使ってるケースから乗り換えようとする時など、誰もが一度は思うことがありますよね。そう、iphone ソフトケース ハードケース どっちがいいの?と。
反面デメリットとして意外に衝撃への耐性がなく割れやすい、ケース表面に傷がつきやすい、滑りやすい、などがあります。
iphone ソフトケース ハードケース どっちが良いかは、結局は好みによ ウォールミラーフランス アンティークアンティークミラー リボンと薔薇の飾り
Autostyle 5 series リアマフラー4本出し F10/F11 エキゾーストキット 550i F10 5series HAMANN BMW / 排気セット んね。


ちなみにソフトケースとハードケースの中間と言われていて、柔軟でありつつ、そこそこ強いのがTPUですが、クリアケースであれば変色しやすいという弱点もあります。

 iPhoneのケースに求めている条件として、ごくごくシンプルで、手になじむ方がよく、また脱着が簡単なタイプを好 […]