コーヒーマシーン、コーヒーメーカー、台所用品、嗜好品、海外人気、コーヒー、珈琲、喫茶店Grindmaster Cecilware BDGP 120240 Thermal Server Coffee

コーヒーマシーン、コーヒーメーカー、台所用品、嗜好品、海外人気、コーヒー、珈琲、喫茶店Grindmaster - Cecilware B-DGP 120240 Thermal Server Coffee
コーヒーマシーン、コーヒーメーカー、台所用品、嗜好品、海外人気、コーヒー、珈琲、喫茶店Grindmaster - Cecilware B-DGP 120240 Thermal Server Coffee 珈琲 かざみどり工房
コーヒーマシーン、コーヒーメーカー、台所用品、嗜好品、海外人気、コーヒー、珈琲、喫茶店Grindmaster - Cecilware B-DGP 120240 Thermal Server Coffee 珈琲 かざみどり工房 更にお得なTポイントも
コーヒーマシーン、コーヒーメーカー、台所用品、嗜好品、海外人気、コーヒー、珈琲、喫茶店Grindmaster - Cecilware B-DGP 120240 Thermal Server Coffee 珈琲 かざみどり工房

3.バリ島から個人輸入するはちみつのHSコード用語解説

上記の表のように、税関では「はちみつ」と言ってもいろいろなHSコードに分類される。関税率表に出てくる用語を解説する。

1)天然はちみつ

実行関税率表に記載されている天然はちみつ(第04.09項)においては、税関での定義が決まっている。

【天然はちみつ(第04.09項)関税率表の解説】

天然はちみつ(第04.09項)
この項には、みつばち(Apis mellifera)又はその他の昆虫類が作るはちみつで、遠心分離器にかけたもの、蜂巣中に貯えられたもの又は巣の塊が混入したものを含む。ただし、砂糖又はその他の物質を加えてないものに限る。このようなはちみつは、花の種類、原産地及び色で表示されている場合がある。この項には、人造はちみつ及び天然はちみつと人造はちみつとの混合物を含まない(17.02)。

【天然はちみつ(第04.09項)国内分類例規】

1.天然はちみつ
(1)天然はちみつとは、しょ糖分の含有量が全重量の5%以下、果糖の含有量が全重量の 30% 以上のものであって、かつ、全糖分中に占める果糖の割合が 50%以上のものをいう。 輸入申告に際し、輸出国の公的機関の発行する成分分析表が提出された場合、上記成分の 確認については、同分析表の値を認めて差し支えないこととする。 なお、輸出者又は輸出国のメーカーが分析したものを商工会議所等の公的機関が証明した 場合においても同様に取り扱うこととする。

(2)上記以外のものであっても、輸出国の公的機関の発行する「品質証明書」(原産地及び蜜源 花の種類が明記されているもの)が提出されており、かつ当該品の性状、分析結果等を総合的に勘案して関税率表第 0409.00 号の天然はちみつと認められるものは、天然はちみつとして取り扱うこととする。

2.ニュージーランド原産の天然はちみつの取扱いについて
ニュージーランド原産のはちみつについては、輸入申告等の際にニュージーランド第一次産業省(New Zealand Ministry for Primary Industries)発行の証明書(Certificate for Bee Products Exported to Japan)の提出があったものに限り、関税率表第 04.09 項に該当する天然はちみつ
として取り扱う。

2)人造はちみつ・転化糖

天然はちみつと分類されない場合には、「人造はちみつ」または「転化糖」に分類される。

【転化糖(第17類)国内分類例規】

1.転化糖の取扱いについて
転化糖とは、砂糖を酸又は酵素により加水分解して得られるぶどう糖と果糖の等量混合物である。通常、商取引される転化糖には、数パーセントのしょ糖分が分解されないまま残留しているものがあり、この場合、しょ糖の含有量が、乾燥状態において全重量の5%以下のものは「砂糖を加えたもの」には該当しないこととして差し支えない。



SFの巨匠、アイザック・アシモフによる大作です。
大作と言っても全巻を通して退屈しない
全7部ですが、退屈することなく全巻読破しました。

VT HAMANN BMW 6シリーズ E63 E64 M6 サイドスカート
Server BDGP コーヒーマシーン、コーヒーメーカー、台所用品、嗜好品、海外人気、コーヒー、珈琲、喫茶店Grindmaster Cecilware Coffee 120240 Thermal 以下のようになっています。
1 ファウンデーション(1951年)
2 ファウンデーション対帝国(1952年)
3 第二ファウンデーション(1953年)
4 ファウンデーションの彼方へ(1982年)
5 ファウンデーションと地球(1986年)
6 ファウンデーションへの序曲(1988年)
7 ファウンデーションの誕生(1993年)
※カッコ内はアメリカで単行本が発表された年です。


ヒューゴー賞のベストオールタイムシリーズ部門を受賞しました。
また第4巻のファウンデーションの彼方へが1983年のヒューゴー賞長編小説部門を受賞しています。

私が読んだときは1~7部まで一気読みしたので
出版年を見てみると3部作と次のファウンデーションの彼方へが
出るまで30年近く経っているのですね。

1万2千年続いた銀河帝国が崩壊し、その後数万年にわたり暗黒時代が続くことを
数学により予測する「心理歴史学」が、このシリーズを支える設定になりますが、
数学・物理学に大いに興味を持っていた当時の私には
数学者のセルダンの天才ぶりに大いに引き込まれました。

このシリーズは、エドワード・ギボンの「ローマ帝国衰亡史」を
このことを知り「ローマ帝国」に大いに興味を持ち
塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読むきっかけにもなった本です。
(ギボンのローマ帝国衰亡史の方はまだ読めていませんので、

SFファンであれば間違いなくハマる名作です。

私も前回読んでから10年以上経っていますので

[email protected]@!