白ニキビと黒ニキビは変質した皮脂が毛穴の中に詰った状態です。

潰しただけでニキビが残っていては、早くなおる所かニキビが悪化する可能性があります。

白ニキビと黒ニキビの状態の時は、上記の方法で皮脂(ニキビ)を取り出せば、ニキビが早く治る可能性が高まります。

ただ、基本的にはニキビの自己処理はおすすめできません。

ニキビは赤みやかさぶたができると治りが早い?

ニキビで赤みやかさぶたができるというのは、赤ニキビと黄色ニキビの状態です。

皮膚表面と毛包内には皮膚常在菌が存在していて、この菌の働きにより毛包周囲が炎症を起こし、やがて化膿します。

炎症を起こし赤くなっている状態が赤ニキビで化膿した状態がいわゆる黄色ニキビです。

白ニキビや黒ニキビの状態で潰してしまい、 又はニキビを取り出さずいると炎症を起こし赤ニキビになってしまい、治りが遅くなる可能性があります。

また、 白ニキビの時に、何度もセルケアで潰してしまうと皮脂が固くなり、潰れないで化膿してニキビ跡が残る危険性もありますので注意が必要 です。

赤ニキビと黄色ニキビの対処法

赤ニキビの状態になったら、優しく洗顔しましょう。赤ニキビは炎症を起こしている状態なので赤い部分は熱を持っています。

保冷剤とかで冷やせば、熱が引き赤みも治まり痛みも和らぎます。出血した場合は、綿棒でニキビ用の薬を塗りましょう。

赤ニキビの場合、潰したり上記の方法で皮脂(ニキビ)を取り出すと悪化する場合があります。

こちらの記事も読まれています♪